歴史探索

tokyo

  • 雷門をくぐり、東京都内で最古のお寺を訪ねる
  • 941年まで遡る象徴的・歴史的な建物を鑑賞する
  • 伝統的な赤い提灯が並び、活気にあふれた商店街を散策する




東京都内で最古のお寺である『浅草寺』界隈は、初めてここを訪れた人にはとても興味深い場所です。川沿いの下町である浅草にあるこのお寺は、空襲で焼失し、第二次大戦後に苦労して再建されました。巨大な赤い提灯が吊りさげられた印象的な雷門(ぜひ写真を撮ってInstagramにどうぞ)をくぐると、仲見世通りがあります。お菓子や昔ながらのお煎餅、ポケモンのおもちゃなど、さまざまな売店が並ぶにぎやかな通りです。これらの売店には、一日中お祭りの雰囲気が漂っています。子供たちは抹茶のアイスクリームを食べ(念のためですが、食べ歩きはよくありませんので)、家族連れが夏の浴衣を選び、旅行客が地元の工芸品を購入しています。もっとユニークなお土産を探したいなら、参道半ばの左の路地にある『たんす屋』がおすすめです(紺地に白文字の看板が目印です)。この気取らない呉服屋(東京に数店舗あります)に入ると、ビンテージの絹の着物と手の込んだ細工物や鮮やかな装飾品が出迎えてくれます。最大のポイントは、フォーマルな着物である留め袖がわずか5,000円(50ドル以下)で買えることです。これこそ、お土産選びの醍醐味です。














浅草駅からまっすぐ歩き、2つ目の角を右へ曲がると、仲見世通りです。雷門の鮮やかな朱色を見逃すことはないでしょう。ここからにぎやかな商店街を抜けると、お寺に着きます。


浅草寺; 所在地:台東区浅草2-3-1電話:81-(0)3842-0181; ホームページ:senso-ji.jp

​たんす屋 梅園前店; 所在地:台東区浅草1-37-2 電話:81-(0)3-3843-9529; ホームページ:tansuya.jp





歴史探索

歴史探索

tokyo

  • 雷門をくぐり、東京都内で最古のお寺を訪ねる
  • 941年まで遡る象徴的・歴史的な建物を鑑賞する
  • 伝統的な赤い提灯が並び、活気にあふれた商店街を散策する




東京都内で最古のお寺である『浅草寺』界隈は、初めてここを訪れた人にはとても興味深い場所です。川沿いの下町である浅草にあるこのお寺は、空襲で焼失し、第二次大戦後に苦労して再建されました。巨大な赤い提灯が吊りさげられた印象的な雷門(ぜひ写真を撮ってInstagramにどうぞ)をくぐると、仲見世通りがあります。お菓子や昔ながらのお煎餅、ポケモンのおもちゃなど、さまざまな売店が並ぶにぎやかな通りです。これらの売店には、一日中お祭りの雰囲気が漂っています。子供たちは抹茶のアイスクリームを食べ(念のためですが、食べ歩きはよくありませんので)、家族連れが夏の浴衣を選び、旅行客が地元の工芸品を購入しています。もっとユニークなお土産を探したいなら、参道半ばの左の路地にある『たんす屋』がおすすめです(紺地に白文字の看板が目印です)。この気取らない呉服屋(東京に数店舗あります)に入ると、ビンテージの絹の着物と手の込んだ細工物や鮮やかな装飾品が出迎えてくれます。最大のポイントは、フォーマルな着物である留め袖がわずか5,000円(50ドル以下)で買えることです。これこそ、お土産選びの醍醐味です。














浅草駅からまっすぐ歩き、2つ目の角を右へ曲がると、仲見世通りです。雷門の鮮やかな朱色を見逃すことはないでしょう。ここからにぎやかな商店街を抜けると、お寺に着きます。


浅草寺; 所在地:台東区浅草2-3-1電話:81-(0)3842-0181; ホームページ:senso-ji.jp

​たんす屋 梅園前店; 所在地:台東区浅草1-37-2 電話:81-(0)3-3843-9529; ホームページ:tansuya.jp