日本のデザインのルーツを探る

tokyo

  • 民芸運動とミニマリストな美意識について学ぶ
  • 日本の陶磁器、染織品、絵画などの所蔵品を鑑賞する
  • 完全な状態で保存された伝統的な木造家屋で多くのデザインを発見する




日本のミニマリストな美意識を称賛する人なら、駒場界隈をめぐることをおすすめします。駒場東大前駅の西口から7分ほど歩いたところにある閑静な住宅地の外れには、完全な状態で保存された木造家屋の『日本民藝館』があります。
日本民藝館は、1930年に日本の民芸運動の創始者である柳宗悦(日本のコンテンポラリーデザイナーの1人である柳宗理の父親)によって設立されました。今日、趣のある木造建築だけでも訪問する価値はあります。玄関で靴を脱いでください。簡素な陶磁器、染織品、絵画、茶道具など、素晴らしい民芸品のコレクションを鑑賞することができます。日本の民芸品やデザイン製品を販売する小さなミュージアムショップも、ぜひご覧ください。









日本民藝館は、駒場地区の東京大学近くにあります。木々の中を木造の正面玄関まで進むと、2枚の大きな扉に迎えられます。正面入口の反対にある庭には、大きな黒い石が置かれています。

日本民藝館; 所在地:目黒区駒場4-3-33 電話:81-(0)3-3467-4527;
​ホームページ:mingeikan.or.jp





日本のデザインのルーツを探る

日本のデザインのルーツを探る

tokyo

  • 民芸運動とミニマリストな美意識について学ぶ
  • 日本の陶磁器、染織品、絵画などの所蔵品を鑑賞する
  • 完全な状態で保存された伝統的な木造家屋で多くのデザインを発見する




日本のミニマリストな美意識を称賛する人なら、駒場界隈をめぐることをおすすめします。駒場東大前駅の西口から7分ほど歩いたところにある閑静な住宅地の外れには、完全な状態で保存された木造家屋の『日本民藝館』があります。
日本民藝館は、1930年に日本の民芸運動の創始者である柳宗悦(日本のコンテンポラリーデザイナーの1人である柳宗理の父親)によって設立されました。今日、趣のある木造建築だけでも訪問する価値はあります。玄関で靴を脱いでください。簡素な陶磁器、染織品、絵画、茶道具など、素晴らしい民芸品のコレクションを鑑賞することができます。日本の民芸品やデザイン製品を販売する小さなミュージアムショップも、ぜひご覧ください。









日本民藝館は、駒場地区の東京大学近くにあります。木々の中を木造の正面玄関まで進むと、2枚の大きな扉に迎えられます。正面入口の反対にある庭には、大きな黒い石が置かれています。

日本民藝館; 所在地:目黒区駒場4-3-33 電話:81-(0)3-3467-4527;
​ホームページ:mingeikan.or.jp